アスタリアベルベット編のネタバレ感想

ベルベット編アイキャッチ アスタリア

テイルズネタバレブロガーの
ペパーミントあいです。

テイルズオブアスタリア
追憶の楽園の第一章
ベルベット編のネタバレ感想を
まとめています。

ストーリーのおさらい、
思い出の振り返り、
他の人の感想を見るなどの目的に
お役立ていただければと思います。

スポンサーリンク

作り変えられた世界が舞台

前章「結晶の大地と導きの光編」では、
ラスボスのヴァンは倒すも、
天帝の復活を阻止することの出来なかった
主人公たち。

「追憶の楽園編」は、
天帝によって全世界が結晶化され、
作り変えられた世界からスタートします。

ベルベットの脱獄シーンからスタート

プロローグが終わると、
「ベルベット編・深淵より這い上がりし者」
シナリオがアンロック!

※ちなみに、本章のプロローグは、
シナリオ選択して待ち時間なく見ることが
出来ました。

天帝ラザリスの命を狙って捕まった
ベルベットちゃんの脱獄シーンからスタート!

なんかよく分からないけど
助けに来てくれたっぽいレイヴンに
助けられて脱獄します。

……ヴェスペリアのユーリの脱獄シーンも、
こんな感じだったんですかね?

ヴェスペリアは1回もプレイしたことないので
分からないですが;;

レイヴンはよく分からないけど、
何か目的があってベルベットを助けた模様。

それは結局分からずじまいも、
しばらく行動を共にするとベルベットに
「またね」と言って去っていきます。

ベルベットと自分の目的が近いもので、
いずれまた会うことになることを
確信しているかのよう。

気になります。

ティアと行動を共にすることに

レイヴンと別れたベルベットは、
ラザリスの居場所を確かめるため、
ティアの部屋に侵入。

この世界でのティアは、
ラザリスの側近のヴァンの妹。

「外の世界は危険だから」という
理由で、ヴァンに一切の外出を
禁じられている深窓の令嬢。

でも、ベルベットが部屋に侵入し、
武器で脅してラザリスの居場所を
聞き出そうとすると、
反撃して来ました!

ベルベット曰く、
「警備の兵士よりよっぽど強い」ティア。

特に訓練を受けたわけでもないのに
体が勝手に動いたティアは戸惑い、

ベルベットと話しているうちに、
少しずつ以前の世界の記憶を取り戻し
始めたようです。

彼女と一緒にいれば、
何か大事なことを思い出せるかもしれない。

そう思ったティアはベルベットと
行動を共にします。

一方ベルベットは、
詳細な記憶はないものの、
ラザリスに大切なものを踏みにじられ、
自分の世界を奪われた怒りだけは
明確に覚えている様子。

彼女の過去も気になりますね。

立ちはだかるヴァン

ベルベットたちが地下の秘密の通路を
通って宮殿を抜け出すと、
出口にヴァンが待ち構えていました。

ベルベットを殺そうと
剣を向けてくるヴァン。

ティアはこれを止めると、ヴァンに
「自分の意思でベルベットに協力したこと」
「何かを思い出せそうな気がするから」
と告げますが、

それを聞いたヴァンは、
ティアも一緒に殺そうと
襲いかかってきました。

このシーンの前に、
ヴァンは報告に来た騎士に対して

「侵入者は殺して構わない。
ティアは傷つけるな」

とあえて指示しているので、
侵入者のベルベットと接触したことで
ティアが以前の世界の記憶を取り戻しかけた
ことを薄々分かっていたのかもしれません。

どこかで見たような「白き獅子」

それを止めに入ったのは、
天帝直属の騎士団である「白き獅子」
の面々。

顔を半分隠している彼らは
ロアー、クロー、ファングと名乗っていますが、
外見、佇まい、話し口調からしてどう見ても
ミラとユーリとロイド。

彼らは天帝によって作り変えられた
ミラたち本人なのか、
あるいはよく似た別の人なのか。

でも、「誰にも素顔を見せない連中」
らしいので、本当の名前も隠している
かもしれませんね。

彼らは「殺すのは天帝の意向に反する」
「咎人は地下牢に繋ぎ止めておくべき」
とヴァンに反論。

彼らがヴァンと言い合っている隙に、
ベルベットはティアを連れて逃げ出します。

逃走、死闘、そして・・・

近くのガラハム山に逃げた
ベルベットとティア。

でも、すぐに白き獅子のロアーに
追いつかれます。

ロアーと死闘を繰り広げるベルベット。

でも、本気を出したロアーの術に徐々に
追い詰められ、

さらにはクローとファングも追いついて来て
絶体絶命。

ティアとベルベットはロアーの術で
崖から転落することになりますが、
白き獅子の面々が二人の転落した先を
覗き込むと、

そこから謎の光が発生し……

次回に続くとなりました。

白き獅子が気になって仕方がない!

なんて続きが気になる終わり方。

そして、気になる白き獅子の正体。

ああ、このシナリオでは彼らと
戦わないといけないのかと思うと
辛いですが、

このメンバーの組み合わせには
萌えますね(笑)

星のカケラ編が大好きなので、
このメンバーにはとてもときめくのですvv

彼らは敵キャラでも
佇まいがかっこいいですねvv

この人たち、
召喚に登場しないですかね?(笑)

この人たちが最後まで主人公の前に
立ちはだかることになるのか、

あるいは、意外とすぐに記憶を取り戻して
仲間になる展開になるのかは
分かりませんが、

私の個人的興味の対象は、
当面、主人公サイドより
この人たちになりそうです(笑)

 

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。